黑貓餐廳

未分類 | 0 comments

 

豪華な領事館のグルメを再現”  

 

 

鼓浪嶼で、現存する一つ一つの老建築物はみなロマンチックな或いは伝奇的な或いは奇異な物語を持っているようです。「黒猫餐庁」があるこの古い別荘は、かつて昔の中南銀行の馬という頭取のプライベート住居でした。アヘン戦争後の通商門戸として、当時の鼓浪嶼はアモイ上流社会の集中地であり、また各国から来た西洋人が集まっていました。当時鼓浪嶼には13か国の領事館があり、「黒猫餐庁」は当時の領事館のグルメを再現したことで有名になって、映画《雲水謡》、《鋼琴密碼》などがこの古色蒼然とした豪華な別荘でロケを行いました。

 

 

 

意外なことに、責任者の洪明章さんは生粋の台湾屏東出身で、鼓浪嶼に来た後、数万件もの骨董や家財を収集していて、その中に1908年のメニューがありました。それは、当時閩浙の総督が来訪した2000名あまりの米国軍艦の将兵を歓待した時に使われたもので、洪さんはこの歴史を伝承しようと決め、「黒猫餐庁」を開いたのです。

 

 

温かなキャンドルの明かりの中で、ちっと違った昔の余韻が屈折します。そして家具の配置、室内の装飾も完全に昔の鼓浪嶼を復元しています。レストランの装飾や設備には極めてこだわっていて、使用する食器はすべて各領事館から収集したものです。またレストランは同時に高貴なテーブル横のサービスも提供しています。ここで食事するには予約が必要ですが、本格的なフランス、イギリス、アメリカなど領事館のフルコース料理や各国の西洋料理、コーヒー、スナックなどが味わえます。また蒋介石が座った椅子、木材大王李清泉の家財、清のラストエンペラー溥儀の先生だった鄭孝胥の直筆などを実際に見ることもできます。豪華なレストランで食事する価格は相対的に高いですが、豪華な別荘の中で100年前に鼓浪嶼にあった各国領事館の豪奢華美や高貴が経験できることは、多くの人々にとって、実に貴重な体験だと言えます。

 

 

基本情報

 

營業時間:10:00~21:00
平均価額:セットメニュー88元から(人民幣)

 

アクセス

 

住所:廈門市鼓浪嶼永春路14號
電話:(+86)5922-2206-6158
ホームペイジ: www.blackcat1920.com/bcc.asp

 

黑貓餐廳