迷火佛拉明哥舞坊

未分類 | 0 comments

楽しく踊ろう!

 

ある日曜日の午後、私は台北momoデパート後ろの路地にある地下室に行きました。目的は、「迷火仏拉明哥舞坊」の年度ショーを見るためです。

 

ショーの会場は大きくなく、100席ほどの椅子が並べれていましたが、ショー開演10分前に席はすでに観衆で埋め尽くされていました。好奇心で周りを観察したところ、観衆には男女、年寄り、若い人、背広を着た紳士、今風に着飾った貴婦人、それから若い学生や外国人もいます。小さな座席ですが、みんな非常に興奮した面持ちでまもなく始まるショーを待っていました。

 

明かりが消えると、観衆は直ちに話をやめて静かになり、ギターの音と歌声が響き、数人のダンサーが体を動かせ始めました。頭を振り、スカートを翻して、足踏みします。時に放らつに、時に穏やかに美しく、時に情熱的に、時に激しく、ダンサーのそれぞれの動きは観衆の視線を引き付けるだけではなく、観衆の情緒をも引き出して、知らず知らず踊りに魅入られてしまいます。そして私が賛嘆したのはダンサーの艶かしく美しい容姿や熟達したダンステクニックも然ることながら、見事なギターの伴奏と魅力的な歌声です。ダンサー、伴奏、歌声の非の打ち所がない組合せで、2時間あまりのショーが瞬く間に過ぎてしまいました。

 

 

 

途中の休憩時間に司会者の紹介で、私は非常に幸運だったことが分かりました。当日のギター伴奏は、国内最高のフラメンコギターの大家である詹哲雄先生だったのです。熟練した指使い、豊富な情感で、それぞれのダンス曲を美しく解釈して、神業のようなパフォーマンスはまさに大家の風格がありました。

 

 

どんな年齢でも学べる

1994年に成立した「迷火仏拉明哥舞坊」は、国内で最も有名、最も代表的なフラメンコダンスのクラブだと言えます。創設者の李昕さんと団長の林耕さんにはまた大変なキャリアがあります。団長の林耕さんは国内屈指のフラメンコダンサーですが、台湾大学在学中にフォークダンス・クラブに入ってフラメンコに触れ、次第にこのダンスに魅入られました。当初、彼は教師をしてお金を貯め、十分にたまると夏休みや冬休みを利用してスペインに渡り、正統のフラメンコダンスを学びました。同時にパフォーマンスを続けて経験を積み、フラメンコダンスを広めてきました。そして次第に彼のパフォーマンスを見る人が現れ始めた後、彼にダンスを習う人ができました。李昕さんの場合はもっと伝奇的です。マスコミから「稲妻歯医者」と呼ばれていた彼女は、歯医者を15年務めた後、医者を辞めてダンスを習い始めました。その後絵画、ダンス、ダンス教授の生き生きとした人生を送っていて、現在の彼女は全身から幸福のオーラを放っています。

 

 

 

李昕先生はみんなにフラメンコダンスを習うことを強力に推奨しています。彼女は、これは数少ない年齢制限のないダンスで、ダンスの基礎は必要なく、踊りたいと思ったら、いつでも習うことができると言います。李昕先生はまた彼女が教えるフラメンコダンスは学習者に必ず精確にダンスの姿勢をしなくてもいい、最も重要なことはダンスの楽しさを分かち合うことだと強調します。そして常に、「楽しんで、人生は楽しむことだ」と言います。彼女は、ダンスを習う人に、みんな喜んで来て、楽しく踊ってほしいと希望しています。

基本資料

營業時間:月曜~金曜:13:30 .21:30;
土日 12:00 .18:00

問い合わせ

住所:台北市南京東路三段303巷8弄3號1樓
電話:(02)2718 2011
FAX:(02)2718 1949
ホームペイジ:www.flamenco.com.tw
Facebook:FlamencoTaiwan

迷火佛拉明哥舞坊