【屏東景點】大鵬灣國家風景區

 動と静、どちらも楽しめる”  

近年致力發展觀光的「大鵬灣國家風景區」,旅遊規畫完善,可坐船遊湖、可玩風浪板、可騎單車環潭,還可欣賞跨海大橋開橋秀及光雕秀,安排 3 2夜,可以玩得很盡興。

動と静、どちらも楽しめる

大鵬湾は台湾最大の入り江であり、林辺渓の堆積物によってできた袋型のラグーンで、水深は2〜6m、平均水深は約3mです。ここは1997年にでき、古くは鱉興港、茄藤港、関帝港や南平港、日本統治時代には大潭 と呼ばれ、戦後に大鵬湾と改められました。湾の北側にはヒルギダマシというマングローブの一種が分布し、加えて水位の変化が安定し栄養塩が豊富なため、湿地生態系を形成しており、生物の種類は豊富で植物、水鳥、シオマネキ、トビハゼ、魚介類などが生息してます。

遊覧船で生態の美を観賞

大鵬湾の遊覧船に乗れば、そよ風を顔に受け、台湾の暖かい日差しを浴びながら大鵬湾沿岸特有の自然が織りなす景色を観賞し、専門ガイドの説明を聞き、大鵬湾の過去、現在、未来を理解することができます。また水上レジャーとしてはカヌー、高速ウインドサーフィンやスワンボードなどがあり、自分の体力に挑戦しながら大鵬湾の自然の生態の美しさを体験できます。

 

レーザーショーと開橋ショー

鵬湾跨海大橋は大鵬湾で最も美しく、かつ個性的な新ランドマークです。大鵬湾から河口に跨っている、台湾で最初の、また唯一の船舶の出入りに合わせて開閉するよう設計された可動式の景観橋です。

この橋は船の帆の形をしており、夜になるとレーザーによりライトアップされ更に際立ちます。このレーザーショーは毎日催され、夏は19時から22時まで、冬は18時から21時までの毎時0分に1回、5分間おこなわれます。また土、日曜日と休日には開橋ショーが催され、夏は17時、冬は16時30分に見ることができます。

橋開ショーを見る場合は、車は必ず橋の下の駐車場に停め、歩いて橋を登らなければなりません。交通規制が敷かれるので、早めに行って場所を確保する必要があり、交通管制が敷かれる時間になると人々は集まってじっと橋を見つめます。そして大声でカウントダウンを始める様子はまるで新年を迎えるカウントダウンのような熱気にあふれ、開橋ショーは約10分間で終わります。また青洲レジャーエリアは橋に隣接しており、建物の屋上は撮影愛好者にとって橋を撮影する最高の場所となっています。

 

自転車で湾を一周し夕日を観賞する

大鵬国家風景区を一周するサイクリングロードは主線の全長が12km、支線を加えると16kmになり、その沿線では大鵬湾の魅力的なラグーンの景色や、大潭 湿地公園の生態、大武山、漁村の風情、青洲レジャーエリアの東港の風土などを観賞することができます。この自転車で一周2時間のサイクリングでは、黒マグロの故郷のもう一つのフレッシュで活気あふれるパワーを感じることができるでしょう。ゆっくりとペダルを踏み大鵬湾国際サーキットへ行くと、そこは夕日観賞に絶好の場所。夕日がゆっくりと海面に沈んでゆくさまはとてもロマンチックです。

問い合わせ

住所:屏東縣東港鎮大鵬里大潭路 169號
電話: (08) 833-8100
FAX: (08) 835-4753
ホームペイジ: www.dbnsa.gov.tw

大鵬灣遊客中心