小琉球初”   

董事長評等
環  境 ★★★
サービス ★★★★
食  事★★★★

埠頭で上陸した後、現地の人に聞けば、この古い歴史があるレストランを知らない人は誰もいません。レストランは中山路にあり、実によく目立っています。入り口には達欣ランキング表があり、どんな料理を注文したらよいか分からない時でも、ランキング表を見ればすぐに分かります。

 

レストランに入ると、テーブルは寺廟の前でよく行われている宴会料理で見かける赤いテーブルで、とても馴染みがあります。明るく情熱的な女将の海大姉さんが、レストランは1956年にできた、小琉球初めてのレストランだと言いました。海大姉さんのお姑さん時代から始まって、現在ではすでに3代目が継いでいます。小琉球で、オープン以来長く経営できているレストランには、必ず独特の料理があり、絶えず新しい料理を開発するほか、小琉球の天然資源を利用して、達欣はほかにはない小琉球風味料理も創造しました。

 

 

創意料理 ほかでは食べられない

涼伴海草はレモンジュースで味つけしています。わずかに酸っぱい滋味は爽やかで食欲を呼ぶ小皿料理です。ここの海草は自然野生の磯の味で、価格は豚肉より高いです。翡翠海鮮羹はアツバノリ、溶き卵、じゃこ、ヤリイカ、そしてエビや海などの新鮮な海産物を煮込んでスープを作り、とろみをつけます。新鮮で甘いことは言うまでもない、磯の味が十分にするスープ料理です。黄金富貴捲は創意料理で、薄い春巻きの皮はもち米で作ってあります。中には豆腐、黒豚、肉そぼろ、そしてマヨネーズが包まれていて、油で揚げると、柔らかく香ばしい食感が、日本のバックパッカーのお気に入りです。

 

 

 

蜂巣エビは剥きエビにてんぷら粉をつけて揚げます。鍋から上げる前にアヒルの溶き卵を濾し網を通して油の中に入れ、きれいな蜂の巣状の揚げ卵にします。食材は非常にシンプルですが、このようにきれいな蜂の巣状にするには、ちょっとしたコツが必要で、達欣が蜂巣エビを始めた店だと言われています。サクサクに揚げてありますが、油が多いため、タイ風の酸っぱくて辛いソースをつけて油濃さを取り除くと、爽やかな食感になります。とにかく、せっかく小琉球に来たら、小琉球の独得な磯の味を食べなければなりません。

基本資料

營業時間: 09:00~21:00
個室: 1間
カード:可
定休日:不定休

 

問い合わせ

住所:屏東縣琉球鄉中山路 32號
電話: (08) 861-1601;(08) 861-1016
ホームペイジ: www.dsr1016.com.tw

達欣餐廳