福田居餐館

未分類 | 0 comments

 

感情で調理したいい味”   

 

 

董事長評等
環  境 ★★★☆
サービス★★★☆
飲  食★★★★☆

 

 

おいしさを味わうにはまず予約を

さらさら流れる水の音に従い、石碇烏塗渓遊歩道中段に「這一站、幸福」と書かれた木製の看板があります。食通が推薦する内輪料理「福田居」はここから入ります。遠くからご主人が門口に座り、採ったばかりの桂竹の筍の皮をむいているのが見えます。客人はここへ来るとまるで隣家を訪ねたように自由自在です。女将さんの黄田甜さんは料理が上手だと聞いていて、店内にはいつも100人余りが入る盛況なため、自家栽培の野菜では間に合わず、隣近所の農家と栽培協力をしているので、新鮮さには保証があります。店には決まったメニューがなく、季節の食材で調理します。女将さんは、「すべて感情で料理しているのよ」と笑って言います。石碇本場の農家料理を味わいたいと思ったら、早めに予約することを忘れてはいけません。

 

 

 

猿と収穫を争う
「福田居」の環境は清らかで静か、店の外では風格が特異な植栽の景観を見ることができます。清新で美しい竹垣から百種類余りの花や池があり、店内には女将さんが集めた雅石も数多くあります。オーナーが道々私にいろいろな作物を紹介している時、手軽に雑草を抜いたり、何本かの筍を採っています。オーナーは、「山の猿もここへきて食料をあさるから、収穫時期は常に猿たちと競争する」と言いました。「福田居」鎮守の宝は一羽のガチョウ「鵝宝」と一匹の犬「黄莉莉」です。興が乗ると「鵝宝」は力いっぱい翼をバタバタさせます。運がいいお客さんは黄ニラ鵝鳥の卵が食べられます。

 

 

 

白斬鶏:農家料理で必ず出てくる白斬鶏は、村で飼われている地鶏です。水煮した後は柔らかくておいしく、肉のうまみを「閉じ込める」ことに成功しました。醤油を少しつけると、ご飯がすすみます。

桂竹筍猪脚:豚足は黒毛豚の後ろ足を使います。皮はモチモチで肉厚、いやな臭みはありません。醤油と氷砂糖に約1時間漬けると、表面が赤く透き通ります。そこに高繊維質でさっぱりした桂竹の筍を入れて、栄養たっぷりな看板開運料理が出来上がります。

 

 

剥皮辣椒鶏湯:シイタケ、ハマグリ、ショウガ、赤棗、地鶏を一緒に煮込みます。スープは瓜仔鶏(キュウリ漬けの鶏スープ)のように甘いですが、少しひりひり辛い皮むき唐辛子の風味があります。看板料理には羊奶埔(台湾榕樹の実)鶏湯、山薬(ヤマイモ)排骨湯もあります。

紅焼獅子頭:獅子頭(肉団子)の食材は複雑で、黒毛豚の後ろ足の肉に里芋、シナコログワイ、中国セロリ、玉ねぎなどを入れ、手で十分にこねた後に団子に丸めます。そして油で表面がややサクサクになるまで揚げ、白菜と一緒にゆっくり煮ます。一口かむと口一杯に香りが広がります。

 

南瓜米粉(カボチャ ビーフン):カボチャ ビーフンはシイタケ、大根、キクラゲなどを入れて一緒に炒めると、香りがあたりに漂います。米粉(ビーフン)は柔らかいながらもコシがあり、家庭料理の滋味が最もよく出せます。菜食主義の方でも同じように楽しめます。

茶葉酔蝦:石碇特産の東方美人茶を料理に入れます。新鮮な蝦は肉質がプリプリしていて、酒の香りだけではなく、お茶の香りの余韻も楽しめます。

 

 

黄金蛋豆腐:大きく黄金色の糖心鴨(アヒル)の卵は心や目を楽しませてくれます。半熟でおいしく、店でも最も人気がある料理の一つです。石碇豆腐の特殊な香ばしさと綿密な食感を合わせると、忘れることができない味です。

清蒸鱸魚:当日買い求めた新鮮なスズキを破布子(ムラサキ)だけで味付けします。約12分蒸すと、爽やかでヘルシーな味になります。女将さんは、「新鮮な魚でなければ、この料理はできない」と自信たっぷりに言いました。

涼拌情人橋&狗杞南瓜:「茄(ナス)」を台湾語で発音した「橋」で名づけました。水煮しても紫色は失われず、蒸しカボチャと同じように食材そのものの味を強調しています。少しばかりの塩、ショウガ、クコの実で味を調えます。2つのオードブルはいずれも爽やかで、食欲が湧いてきます。

 

基本情報

 

營業時間:11:00~14:00
定休日:なし(完全予約制)
カード:不可
個室:なし
駐車場:道路の下に無料駐車の場所があります。

 

問い合わせ

 

住所:新北市石碇區烏塗里摸乳巷7-1號
電話:(02)2663-3932;0935-929-899
ホームペイジ: www.facebook.com/futian7.1

 

福田居