遊台灣 台灣輕旅行 尊爵遊世界 極品遊世界 典藏遊世界 遊中國 國內客製 國外客製 國外出團 國內出團 幕後 服務團隊 東東歷險記 阿通觀點

【台中和平】私房雨露景观民宿

【台中和平】私房雨露景观民宿

【台中和平】私房雨露景观民宿

2 月 1, 2013 | 未分類

” 百变风情  惊喜连连” 

董事长评等
景观环境 ★★★★☆
住宿环境 ★★★★
服  务 ★★★★☆
餐  饮 ★★★★☆

百变风情  惊喜连连

夏季,午后的天空下着大雨,我再次来到位于谷关山区松鹤部落里的私房雨露。车尚未停妥,店主人已笑容满面的迎来,一边帮我打伞、一边笑吟吟地说着:「山区天气变化大,等会儿雨就会停了,别担心。而且你很幸运,雨后的缥缈山岚,总是美得不可思议,见过的人都会舍不得离开呢!」其实,说真的,我一点也不担心,造访私房雨露这么多次,见过它多重面貌的美,每一回总是让我惊喜。它有晴天的翠绿山景;阴天的静谥娴雅;雨天的朴拙清幽;雨后的云雾缭绕……它还有着清晨的蝉鸣鸟叫;日落黄昏的晚霞;夜晚时分的虫叫蛙鸣……真是诉说不尽!这让我很羡慕这对隐居山林的店主夫妻,可以天天欣赏这片环绕着青山绿水的美丽景致,原想在此一边整地、一边生活、一边养生的他们,最初只是单纯地享受这片山林的美好,直到有天在一个机会下经由朋友的建议,才有了分享这个美好所在的决定。

私房雨露Villa Kurasu

多种房型  处处巧思

贴心的店主人在房型的设计与布置上充满巧思与细心,提供多种风格之房型,让住客们可享受精致华丽的舒适感。还有室内加上半室外之双泡澡池设计,可体验如同 VIP等级的冷热交替香草浴;亦有为亲子四人行或朋友俩俩同行所提供的各自私密空间,再由房前相通之平台相互连结或照应。而民宿住房区由木栅门隔出的独立院落,更让来此的宾客都能享有最佳的静谥休憩空间。

凡事皆坚持自己来的店主人,除了亲手打造这片美丽的家园,还在自家栽种了许多山林野菜,像是红菜、地瓜叶、龙须菜、当归叶……等等,让来到这里的每一位客人,在休憩之余,还能品尝店主人用心料理的好食物。在私房雨露,可赏景、可逛游,不但景色迥异且风情各具,另外,还能步行至松鹤部落内,来回约 30分钟的路程,就能走访林场巷建于日据时代的桧木屋区,它也是当时的林务局员工宿舍,还有设立于光复初期的基督教长老教会,都是值得一游的周边历史景点。来到私房雨露,放慢你的脚步完全放空,什么事也别做,挑个角落或座椅随性而坐,看着蝴蝶飞舞,欣赏草木葱茏,好好享受这场大自然的舒活身心之旅吧!

私房雨露Villa Kurasu
私房雨露Villa Kurasu

下午茶(住房即附)

供餐时间: 14:00~16:00
另附花果茶、咖啡或果汁(任选其一)
餐点无固定,随季节更换。

漂亮又精致的下午茶,是店家准备的一点小心意,让踏进私房雨露的房客们能歇歇脚,尝尝点心后再到附近走走。入口松脆的手工巧克力饼干、香气十足的冰淇淋松饼与季节水果,让人有美好的第一印象。

早餐(住房即附)

供餐时间: 8:00~09:00
餐点无固定,随季节更换。
这儿的早餐相当讲究呢!可说是中西合并的豪华料理。店主人说:「清晨起床后,最适合先来碗热热的汤暖暖胃!」因此,首先上场的热食是以新鲜南瓜熬煮汤底,加上自栽高山时蔬、在地野菇及新鲜猪肉片现煮的南瓜蔬菜面。再来则是店主人利用自然阳光天然发酵的手作面包,搭配仅以少许有机香料调味的嫩煎蛋卷与乡间阿伯种植的养生地瓜,最后还有新鲜的季节水果与现煮咖啡,让你一整天的好元气,从营养饱足的早晨开始!

私房雨露Villa Kurasu
私房雨露Villa Kurasu

晚餐(仅限住客)

供餐时间:18:00  380元 /人
餐点无固定,随季节更换。

坚持只用天然食材的店主人,要将最好的健康与美味带给顾客。从野蔬色拉到前菜炭烤鲜鱼,都讲究新鲜原味,以最基本的调理方式让食物呈现纯粹的味道与口感。然后是做工繁复的私房猪脚,让人体验口口的Q嫩与弹牙,若是恰巧遇上季节活动,这炭火慢炖的私房猪脚还能搭配红酒一同享用,犹如一场五星级的精致飨宴!若你以为餐点就此结束,那可误会大了!因为还有整锅的养生蔬菜锅物与招牌牛蒡炖饭,搭配的食材全来自这个有着好山好水的松鹤部落,包括山林野菜、在地香菇、养生南瓜……等,而招牌牛蒡炖饭更是选用猪肉、樱花虾、野菇与牛蒡丝一同拌炒再细细炖煮,道道手工完全不马虎,最后还有新鲜水果与饮品,让晚餐在此画下完美句点。这足以饱餐的份量与美味,让人直呼物超所值、过瘾极了!

私房雨露

私房雨露

私房雨露

山林での隠居は 仙人になったかのよう”    –戴勝通

【10部屋 敷地6000坪】

董事長評等
景  観  ★★★★☆
居住環境  ★★★★
サービス  ★★★★☆
飲         食  ★★★★☆

風情の移り変わりは驚きの連続

夏、大雨の午後、わたしは再び谷関山間部の松鶴集落にあるプライベートルームの雨露を訪ねました。車がまだ停まらないうちに、店主は満面の笑みを浮かべ、傘を差してくれながらこう言いました。。「山の天気は変わりやすいよ。でも心配しないで、すぐに雨は止むさ。それにあなたはラッキーだ。雨後の山上の霧は不思議なくらい美しい。これを見た人は皆ここから離れたくなくなるよ。」実はその通り、私は全然心配していません。私はこのプライベートルームの雨露を幾度となく訪れていますが、来るたびに驚かされます。晴れの日の緑に染まった山、曇りの日のしっとりとした静けさ、雨の日の閉じ込められたような静粛、雨後に覆い尽くす霧と雲……それに早朝のセミと鳥の鳴き声、黄昏の夕焼け、夜の虫とカエルの合唱…本当に言い尽くせません。毎日この山と緑に囲まれた美しい景色を堪能できる店主夫婦が本当に羨ましい。店主夫婦はもともとここで畑を耕しながらのんびり暮らし、ただ単にこの山林の美しさを享受しようと思っていただけでしたが、ある時下山した際に友人のアドバイスを受け、それからこの美しさを分かち合おうと決心したとのことです。

 

随所に工夫が施された異なる部屋タイプ

マスターの行き届いた部屋は、デザインとレイアウトがいずれもアイディアに満ちており、風格の異なる部屋を数多く取り揃え、宿泊客は豪華で繊細な快適感を味わうことができます。更に室外には半ルームほどの二つ浴槽を備え、VIPクラスの温浴と水浴の交替によるハーブ浴を体験できます。また親子四人連れや二組のカップルのためにそれぞれのプライベートスペースを用意し、部屋の前の廊下で互いに行き来できるようになっています。また民宿の客室エリアは木の柵で隔てられ独立した中庭を有し、宿泊客に最高の静けさと安らぎの空間をもらたします。

何事も自分でやることにこだわる主人は、この美しい家屋を手作りした他、紅菜苔、サツマイモの葉、ロンシーサイ、トウキ…等数多くの山菜を自家栽培しており、ここに来た人は休憩の際に主人が心を込めて作ったおいしい料理を味わうことができます。プライベートルームの雨露では眺めるもよし、遊ぶもよし、それぞれ異なった風情の景色を楽しむだけでなく、徒歩往復30分の道のりで松鶴集落まで行け、営林場のある小道では日本時代に建てられた檜小屋を訪れることができます。ここは当時の林務局職員宿舎で、付近には光復初期に設立されたキリスト教長老教会もあり、一見の価値ある歴史スポットとなっています。プライベートルームの雨露に来て、歩みを緩めて何もせず、コーナーやベンチに座って蝶の舞を眺め、草木の緑を鑑賞し、このリラックスした大自然の旅を大いに満喫しましょう。

アフタヌーンティー

14:00 ~ 16:00(宿泊に含まれます)

選べるドリンク付き:フルーツティー、コーヒー、ジュース

きれいで細かく作られたアフタヌーンティーはお店が用意したほんの心配りです。プライベートルームの雨露の部屋に足を運んだ客は足を休め、デザートを味わってからまた近所を散策します。口に入れるとすぐ砕ける手作りチョコレートクッキー、香り豊かなアイスクリームワッフルと季節のフルーツが美しい第一印象を与えます。

週末の軽食とアフタヌーンティー

提供時間 土、日11:50〜16:30  月曜から金曜は営業していません

手作りの野菜によるハーブガーデンサラダ、地野菜のリゾット、自家製田園ピザ、クラシカルな手作りケーキ…など。(できるだけ早めにご予約ください)

朝食(宿泊に含まれます)8:00 ~ 09:00

メニューは季節により異なります

ここの朝食は相当凝っています。中華と西洋料理がコラボしたデラックス料理と言ってもかまいません。店の主人曰く「朝起きたら、いちばんいいのはまず熱いスープで暖を取ることでしょう」。ですから最初の熱い料理は新鮮なカボチャスープに自家製の高山野菜と野生キノコ、新鮮な豚肉を加えて煮込んだカボチャ野菜麺です。そして主人が自然の太陽光を利用して発酵させた手作りパン、少量の有機ハーブで味付けしたオムレツと田舎のおじさんの手による健康サツマイモと続き、最後は新鮮な季節の果物と淹れたてのコーヒーです。一日の元気は栄養たっぷりの朝食からスタートしましょう。

夕食(宿泊客に限ります)18:00     380元 /人

天然食材にこだわる主人が、最高の健康と味をお客様にお届けします。地野菜のサラダから炭焼き鮮魚に至るまで、どれも新鮮な素材の持ち味を追求し、最もシンプルな調理方法で純粋な味と食感を引き出します。その後は煩雑な手順による自家製豚足で柔らかさと弾力性を味わっていただきますが、もしちょうど季節のイベントに遭遇すれば、炭火でぐつぐつ煮た自家製豚足と一緒に赤ワインが加わり、まるでファイブスターレストランのディナーのようです。でもここで食事が終わりと思うのは大きな誤解ですよ。更に健康野菜たっぷりの鍋料理とごぼうのリゾットと続きます。これらのために用意された山野菜、野生キノコ、健康カボチャ…等の食材は全て良い山と水に囲まれた松鶴部落で採れたものが使われており、看板料理であるごぼうのリゾットには厳選された豚肉、桜エビ、野生のキノコとごぼうの千切りが一緒に加えられ、手抜きは全く見られません。最後に新鮮なフルーツと飲み物が続き、夕食はこれで全て終了となります。これらの量も味も満足できる夕食は値段以上の価値があり、きっと大満足することでしょう。

相關資訊

チェックイン: 15:00
チェックアウト:11:00
カード: 可
ペット: 不可
十二歳以下子供:可
外国語対応:英
ネット:あり

聯絡資訊

住所:台中市和平區東關路一段松鶴三巷92-9號
電話: (04)2594-2179
Fax: (04)2594-1121
ホームペイジ:http://www.kurasu.tw

 

 

私房雨露

地址:台中市和平區東關路一段松鶴三巷92-9號
經緯度:E120°58’12.5″ N24°10’30.1″
電話: (04)2594-2179 傳真: (04)2594-1121
網址:http://www.kurasu.tw
信箱:[email protected]

Leave a reply

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步瞭解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料