順天旅店 

shun-tin

 

旅人に家を  ”  

 

 

董事長評等
景  観 ★★★★
宿  泊★★★★
サービス★★★★
飲  食★★★☆

 

 

古民家に新しい様相

同じ古民家をリフォームした「順天旅店」の前身は、民宿のご主人のおじいさんが開設した「順天商店」で、建物にも100年の歴史があり、海賊の襲来、金門砲撃戦を経ているため、さらに魅力的にしています。外観は古民家、内装は洋式でも、両者の結びつきは少しも衝突してなく、同じように快適に宿泊できます。

 

 

 

民宿のご主人である欧陽自永さんは海軍士官長を退役しました。父親が早くから石隘門内で有名な「順天商店」を経営していて、当時商店の門には「順人意顧客盈門、天賜我財源広進」の対聯があり、欧陽自永さんは民宿にも同じ名を付けました。根本を忘れないことを表すほか、家族の古民家が風格民宿の順天旅店に生まれ変わり、周到なサービスという称賛の声を延長させたいと希望したからです。

この特色のある古民家には4つの客室があり、それぞれ「色彩繽紛」、「墨汁」、「鳥巣」、「木頭」と名付けられていて、どれも欧陽自永さんが考え出したアイデアです。彼は友人を招いて内部を洋風がちりばめられたカントリー風格に改装しました。古典と現代を同時に受け入れた装飾で、10軒中9軒が空き家だった欧厝の古い集落を、春のように生気あふれる今の様相にしました。

 

 

 

優れた発想であちこちに濃い人情味

主人の欧陽さんは緑色が非常に好きで、「色彩繽紛」客室では緑色のベッドカバーと室内植物を目にすることができ、さらには歓迎の果物もあって、心が温まります。「墨汁」客室の色彩は比較的質素ですが、壁には潑墨山水画のような太い線が描かれていても、かえって画龍点睛のような妙があります。この2部屋にはいずれも独立した小客間、中庭があり、まるで自分だけの世界を持っているようです。

順天旅店内では、方々に民宿の主人がデザインした優れた発想を見ることができます。可愛い木彫りのフクロウ、つなぎ合わせた絵画の額、原木の椅子などで、旅行客は各部屋の隅々を仔細に発掘すると、思いがけない驚きがあります。欧陽さんは、この古民家民宿は自分たちも生活している家で、宿泊客の皆さんには自分の家に帰ったような温かさを感じて欲しいと期待しています。だからこそ主人の宿泊客に対する人情味が感じられます。

 

 

 

 

 

朝食

提供時間 08:00より

必ず金門老舗の広東粥があり、さらに金門旧市街の揚げたての油条もあり、柔らかくてモチモチの食感は、忘れることができません!また永記のマントウや不定期に焼餅もあります。オーナーは、金門の朝食名店はいつも長い行列ができていて、宿泊客が必ず決まった名店の朝食を食べられるとは保証できないが、最も人気がある数店を選んで、宿泊客に熱々の特色ある朝食を提供すると言っています。

 

 

 

お問い合わせ

 

チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00
カード:可
ペット:可(寝室に持ち込むのがお断りです)
12歲以下兒童:可
外国語サービス:英語
ネット:あり

 

アクセス

 

住所:金門縣金城鎮歐厝60號
電話:(082)371-727;0919-180-035
Email:[email protected]
Blog:tw.myblog.yahoo.com/shun-tin/

 

 

順天旅店