忘了飛

 visit Kinmen

 

金門の魅力を体験”  

 

 

董事長評等
景  観 ★★★★
宿  泊 ★★★★
サービス★★★★
飲  食★★★☆

 

 

山海の美景を静かに楽しむ

「忘了飛」民宿は金沙鎮山后村にあります。この「三蓋廊」形式の古民家はすでに100年以上の歴史があり、しかも山后民俗文化村にある18軒の先祖家屋でもあるのです。近隣には五虎山遊歩道、獅山砲台陣地、馬山観測所があり、また東割湾に隣接していて、ここに居住すると山海を逍遥することができ、自然の静けさを愛する旅人たちはここの美しい風貌を思いのたけ見ることができます。

 

「何がうちへ帰ることを忘れさせたのか?飛ぶことを忘れさせたのか?それは人の心を動かすこの金門の島だ!」忘了飛のオーナーである徐盛民さんは金門で兵役に就き、退役後もよく金門を旅行していて、金門と言うこの島の悠々とした雰囲気と快適な生活のリズムを深く感じて、金門に留まることを決意し、また同じ理想を持つ仲間を集めて民宿の共同経営を始めました。

 

 

旅の感想を分かち合う

忘了飛は「旅行、撮影、はがき」をテーマにして、撮影旅行、景色鑑賞ハイキング、深い文化の旅のサービスを企画しています。徐盛民さんはかつて撮影グループを引率することを職業にしていて、バックパッカーたちが伝統的な集落に深く入って撮影スポットを探すことを十分承知しているため、宿泊客に山后民俗村漫遊のコースを手配して、建築群全体の計画や匠たちの細部の装飾を仔細に観察してもらうようにしました。また英語のガイドサービスも提供しています。

 

民宿の壁には宿泊者が持ち寄って交換した、或いは国外から届けられたはがきが一面に貼られています。はがきには遠方からの挨拶のほかに、旅人たちとこの島との対話もあり、彼らがこの土地をどんなに熱愛しているかを訴えています。

 

 

 

古民家の美が味わう

古民家に深く隠されている文化の内包はどこにあるのでしょうか?旅行客にもっと身近に古民家を理解してもらうため、業者は忘了飛を便利な生活機能がある民宿に改造し、さらには一般の民宿の設備を超越した「OSIMマッサージソファ」も準備して、旅人がここでリラックスして欲しいと希望しています。

民宿には計4部屋あり、どれも金門の式で当地の美を紹介しています。部屋の外は中庭で、オーナーはわざわざここにテーブルや椅子を並べて、旅人が自在に景色を眺めながら日光浴できるようにしています。

去年本館から約4分の距離に「忘了飛・羽居」を創設しました。羽居には計5部屋あり、そのうちの2部屋は中二階の4人部屋、残りの3部屋は2人部屋です。

 

 

 

 

 

朝食  供給時間 07:30より

朝食の広東粥のおかずは非常に豊富で、肉団子、サーロイン、卵とじ、ひき肉、豚レバーなどがあり、オーナーは特別に油条も準備してくれた、宿泊客は自由に組み合わせできます。また閩南風の甜/鹹焼餅もあり、サクサクした触感はいつまでも尽きません。さらに有名な中興肉まんもあります。純手作りの皮はモチモチした触感で、包まれている餡は黒豚のひき肉、ネギと香辛料で、調合が程よく、口にすると香りがいっぱいに広がります。

相關資訊

 

チェックイン15:00 チェックアウト10:00
カード:不可
ペット:不可
9歲以下兒童:可
外国語サービス:英文
ネット:あり

 

聯絡資訊

 

住所:金門縣金沙鎮山后84號
ホームペイジ:www.visit-kinmen.com
メール:[email protected]

 

忘了飛